【7/1-7/31】BOOK FAIR “となりの国のことば” 韓国文学フェアを開催!

Posted on 6月 28th, 2019

カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町では、1クォーター(3ヶ月)ごとに特集を組み、書棚を編集するブックストアを併設しています。

ジャンルやカテゴリーにとらわれず、一冊の本との出会いから新しい扉への「気づき」に触れるようなエディトリアルスタイルのブックストア。
創造性や知的好奇心を擽られ、日常に彩りを加える本をセレクトし提案しています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

6/1-スタートした現在の書棚のテーマは、
『詩とことば』

コミュニケーションや情報を伝える方法としての「ことば」ではなく、
音のリズムや心地よさだったり、感情の波だったり、
苦しい時や悲しい時にそっと寄り添ってくれるものだったりする「ことば」。
詩の本をメインに、様々なことばの本を揃えました。
これまでと違う新しいことばに出会うことで、
自分のなかの新しい自分に気づくことができるかもしれません。

 

『詩とことば』のテーマに合わせて、1か月ごとにブックフェアを開催!
7月はおとなりの国のことば、韓国文学のフェアです。

BOOK FAIR
“となりの国のことば”
2019.7.1 mon – 7.31 wed

190701_BOOK_FAIR

見た目や、文化、習慣など日本と似たものをもっている、となりの国「韓国」。
しかし、ハングルを理解できないために、
実際の距離よりもずっと韓国を遠く感じてしまいます。

今回、韓国の優れた文学作品を紹介している出版社《クオン》の書籍を中心に
昨今、注目を集めている韓国文学を特集します。

読んでみると、欧米の文学に比べて、すっとことばが体に入ってくる事に気付きます。
近くて遠い国「韓国」の文学に是非触れてみてください。

 

 

株式会社クオン
韓国関連コンテンツを専門に扱う出版社(2007年設立)。
現代作家の優れた小説・詩・エッセイを紹介する「新しい韓国の文学」シリーズ、
一つの短編を韓国語と日本語で楽しむことができる「ショートショートシリーズ」など、
韓国の優れた作品を精力的に紹介している。
また、韓国語の書籍や韓国に関する本と出会うことができるブックカフェ
CHEKCCORIの母体でもある。

1506C_043

 

 

 

 

お問い合わせ
カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町
TEL 03-5222-1566