【6/1-6/30】BOOK FAIR “あたらしいことば 最果タヒと新時代の詩人”

Posted on 5月 31st, 2019

カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町では、1クォーター(3ヶ月)ごとに特集を組み、書棚を編集するブックストアを併設しています。

ジャンルやカテゴリーにとらわれず、一冊の本との出会いから新しい扉への「気づき」に触れるようなエディトリアルスタイルのブックストア。
創造性や知的好奇心を擽られ、日常に彩りを加える本をセレクトし提案しています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

6/1より新しい書棚へと一新!
テーマは、『詩とことば』

コミュニケーションや情報を伝える方法としての「ことば」ではなく、
音のリズムや心地よさだったり、感情の波だったり、
苦しい時や悲しい時にそっと寄り添ってくれるものだったりする「ことば」。
詩の本をメインに、様々なことばの本を揃えました。
これまでと違う新しいことばに出会うことで、
自分のなかの新しい自分に気づくことができるかもしれません。

 

『詩とことば』のテーマに合わせて、一か月ごとにブックフェアを開催!
初回はいま大注目の詩人、最果タヒのフェアです。

BOOK FAIR
“あたらしいことば”
最果タヒと新時代の詩人
2019.6.1 sat – 6.30 sun

190601_BOOK_FAIR

みずみずしい感性で自由にことばを紡ぐ新しい時代の詩人の本を集めました。
ネットやSNSで情報としてのことばが次々に流れてくる時代にこそ、
今の空気感を捉えたことばをじっくりと味わってみてください。

 

PROFILE
最果タヒ / さいはて たひ
1986(昭和61)年生まれ。2008(平成20)年、『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞。2015年、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞。詩集に『空が分裂する』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』。小説に『星か獣になる季節』『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』『渦森今日子は宇宙に期待しない。』『少女ABCDEFGHIJKLMN』などがある。

 

 

 

お問い合わせ
カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町
TEL 03-5222-1566