絵本 きぼうのかんづめ展

Posted on 2月 17th, 2014

あの日、津波に流されずに残ったものがあった。
それは、希望だった。

2011年3月11日、東日本大震災。
宮城県・石巻漁港を襲った大津波で、
多くのものを失った水産加工会社、木の屋石巻水産。
泥の中から出てきたのは、傷だらけになりながらも
流されずに残っていた、たくさんの缶詰でした。

宮城・石巻と東京・経堂の人と人のつながりから生まれた、
確かな希望の物語が、絵本「きぼうのかんづめ」です。

あの日から三年を迎えるこの春に、大阪・梅田で、
絵本「きぼうのかんづめ」展を開催させていただくことになりました。
この展覧会が、あの震災のことを忘れないためのきっかけとなり、
そして、みんなの希望の展覧会になれたら、うれしいです。

絵本「きぼうのかんづめ」プロジェクト
須田泰成・宗誠二郎・今井クミ・後藤国弘・杉田龍彦
http://kibouno-canzume.benice.co.jp/

◎イベントのご案内

3月1日(土)午後6時30分より
松尾貴史さんの読み聴かせと
作者の須田泰成さん×宗誠二郎さん×松尾貴史さんのトークショーを開催!

3月9日(日)午後6時より
木の屋石巻水産の松友倫人さん×
作者の須田泰成さん×企画協力の後藤国弘さんのトークショーを開催!

松尾貴史:俳優/放送タレント
大阪芸術大学を卒業後、デビュー。TV・ラジオはもとより、
映画、舞台、エッセイ、イラスト、折り顔などジャンルを
問わずに活躍中。京都造形芸術大学映画学科客員教授。
大阪・福島と東京・下北沢のカレー店「パンニャ」の店主でもある。
木の屋石巻水産の「石巻鯨カレー」の監修も務めている。

須田泰成:コメディライター/コミュニティプロデューサー
大阪府生まれ。TV・ラジオのコメディ脚本や構成番組多数。
東京・経堂エリアの個人店を応援する経堂系ドットコムを
運営しながら、全国の地域を活性化する活動を続けている。
「大阪・福島さばのゆ温泉」「経堂さばのゆ」の店主でもある。
絵本「きぼうのかんづめ」では、文を担当している。

宗誠二郎:イラストレーター/グラフィックデザイナー
藤枝リュウジ氏に師事した後、フリーランスとして活動。
NHK「ハッチポッチステーション」「クインテット」などの
アートワークを藤枝リュウジデザイン室と共同で手掛ける。
TIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)会員。
絵本「きぼうのかんづめ」では、絵を担当している。

松友倫人:株式会社 木の屋石巻水産
社会人になってから出会った木の屋の缶詰の美味しさに
感動して、木の屋石巻水産への転職を果たす。現在、商品開発や
広報の仕事を担当。東日本大震災の前から「経堂さばのゆ」
とは交流があった。三年前の3月11日、石巻漁港に面した
本社で仕事をしていて、あの大地震と大津波を体験する。

後藤国弘:クリエイティブディレクター/コピーライター
岩永嘉弘氏に師事した後、独立。現在、株式会社ドライブ
ディレクション代表。木の屋石巻水産の商品パッケージ開発も
手掛ける。松尾貴史の「折り顔」のサイトを共同で企画運営
している。TCC(東京コピーライターズクラブ)会員。
絵本「きぼうのかんづめ」では、企画協力を担当している。

期間中、カフェ&ブックス ビブリオテーク 大阪・梅田では、
木の屋石巻水産の商品を使った特別メニューをご用意。
同時に、絵本「きぼうのかんづめ」パッケージの金華さば味噌煮のチャリティ缶などを販売いたします。

※イベントのお席のご予約は、お電話にて受け付けております。
ご希望のお客様はカフェ&ブックス ビブリオテークまでご連絡ください。
なお、イベントにつきましては予告なく変更になる場合がございます。

_____________________________

絵本 きぼうのかんづめ展
日程:3月1日(土)~16日(日)
開催場所:カフェ&ブックス ビブリオテーク 大阪・梅田
営業時間:11:00~23:30
TEL:06-4795-7553
www.bibliotheque.ne.jp